« 復刻版キャンパスノートのブログ考察(3) | トップページ | 復刻版キャンパスノートのブログ考察(4) »

スティングin武道館

23日の日曜日は小雪舞う中、スティングin武道館に行ってきました。追加公演です。

素晴らしいの一言でした。演奏も照明もPAも。

1、2曲目はスティングの歌が聴き取りにくいくらいPAのバランスが悪かったので、今日のPAはダメかもしれないと思っていました。ところがどんどん音を作りこんでいって、3曲目にはほぼ完璧な状態になっていました。
各ミュージシャンの音がはっきりと聴こえて、とても聴きやすかったです。ちょっとハイがきつい感じがしましたが、気になるほどではなかったです。

ほぼ2時間歌いっぱなし、53歳とは思えません。寝不足状態で行ったのに、終わったときにはものすごく元気になってました。スティングに元気をもらった感じです。

終わった後はみぞれまじりの雨でしたが、そんなことが気にならないくらい大満足。武道館があんなに超満員なったのを見たのは初めてです。とにかく最高でした。

おやじな毎日というブログの要求と欲望の狭間・・・折り合いつけるSTINGという記事が読みごたえがありました。ぜひ読んでみてください。

なんせ、あれだけメディア(CDなど)が売れ、このコンサート不況の折に 武道館を3日間満員にし、来た者を満足させることが可能・・・ ・・・なんていう人は、世界的に見てもさほどいないはずです。
まさにこのことを痛感するライブでした。最近はネームバリューだけではお客さん集まりませんからね。武道館内でウドーの人が、ほかのコンサートのチケットの案内を、あんなに必死でアナウンスしていることからもよくわかります。
きっとStingは、膨大なニーズと自分のやりたいこととの狭間で 折り合いをつけようと必死なのかもしれない。 苦しそうにも見えて、が、しかし、突き進むしかない。 なんつーても「世界のStingさま」だから。
Stingって誠実なアーティストだと思う。

なぜならば、往年のヒット曲をやるときも全力で、
インプロ続けながら、ちょっと後ろめたい表情も見せつつ、
夢中でベースを奏でるからだ。どちらもこの人にとっては大切なことなのだろう。
それが伝わってくる。Stingは誠実だ。

ライブを見ながら私が思っていたことは、「今、スティングが本当にやりたい音楽って、どんな音楽なのだろうか?」ということでした。今回のライブは来た人を喜ばせる、期待にこたえることを最優先にしたものだったと思います。
Stingは誠実だ、という言葉は私の心に突き刺さりました。いつかスティングが好きなことを自由にやるライブを見てみたいです。でも誠実なスティングに本当に満足させられました。
心からありがとうと言いたいです。「ありがとう、スティング」

|

« 復刻版キャンパスノートのブログ考察(3) | トップページ | 復刻版キャンパスノートのブログ考察(4) »

「気になったこと」カテゴリの記事

コメント

TB、ありがとうございました。
私はなんだかんだと書きつつも、
この日以降、毎日、Stingを聴きながら
仕事しています。ああいったアーティスト、
やっぱりなかなか見当たりません!
すでに「次の来日も行こう」と決めています。

本当にありがとうございました。

投稿: おやじ | 2005.01.25 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/2686326

この記事へのトラックバック一覧です: スティングin武道館:

» Sacred Loved World Tour(Sting) [Sound and vision of Hide]
 昨日23日、STINGの日本武道館公園「Sacred Loved World Tour」に行きました。開場4時・開演5時、2時間半くらいのコンサートで健康的な... [続きを読む]

受信: 2005.01.29 08:37

« 復刻版キャンパスノートのブログ考察(3) | トップページ | 復刻版キャンパスノートのブログ考察(4) »