« スティングin武道館 | トップページ | 復刻版キャンパスノートのブログ考察(5) »

復刻版キャンパスノートのブログ考察(4)

ノートを使ったことがないという人は、まずいないでしょう。ノートの使い方は、その人次第で自由。だからノート観も十人十色で人それぞれ。キャンパスノート復刻のブログを読んでいると、いろいろ感じるものがあります。
だからまだまだ続けます。

今回は短い記事を紹介します。短いですけど、とても気になることが。べるちゃん aktuellというブログのコクヨのヨコクという記事です。

もっとも表紙だけが違うのであって、中身はノートだからどれでもいっしょだろうけれど。
これを読んで、「どうなんだろう?」と思ったことがあります。表紙だけが違うのだろうか。中身の罫の印刷まで忠実に再現しているのだろうか。これくらいならできそうな気がします。 一番気になっているのは紙質です。当時の紙質まで再現されるのだろうか。とても気になっています。知っている人がいたら教えてください。
実は「キャンパスノート」の最初のヤツを、私は知らないのです。

初代は私はかろうじて使ったことがあるという感じです。でもはっきり覚えています。小学校の低学年でしたが、「このノートが一番いい」と思っていたことを思い出します。

でも考えてみれば、ノートを買うのはいいけれど何に使ったらいいのだろう? 使い道をまだ全く考えていないのにノートを買うなんて、何だか本末転倒のような感じ。

私も使い道はありません。でも買います。開封もしないかもしれない。開けないで永久保存かも。
開封用と保存用の2セットを買ったりして。気がついたら発売まで1週間切ってますね。

|

« スティングin武道館 | トップページ | 復刻版キャンパスノートのブログ考察(5) »

「復刻版キャンパスノート」カテゴリの記事

「気になったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/2648884

この記事へのトラックバック一覧です: 復刻版キャンパスノートのブログ考察(4):

« スティングin武道館 | トップページ | 復刻版キャンパスノートのブログ考察(5) »