« サラウンドは「後ろからも音が出る」だけではない | トップページ | プロのレコーディングエンジニアを目指している人へ »

マイクプリって必要なの?

レコーディングには、素人には何だかよくわからない機材というのが多いものです。マイクプリアンプもその一つだと思います。
何をしているのかといえば、わかりやすく言うと音量を大きくしているのです。ミキサーやオーディオインターフェイスのゲインやトリムと同じことをしています。
だったら必要ないじゃんとお思いでしょう。確かに必ず必要というものではありません。なくても困りません(コンデンサーマイクの電源として使っている場合は話は別ですが)。

でもこんな単純な機材で音が結構変わるので、これまた困りものです。最近のマイクプリは多機能になってきて、イコライザー、コンプレッサー、A/Dコンバーター、ディエッサーなどなどの機能が盛り込まれ、チャンネルストリップと呼ばれているものもあります。(チャンネルストリップとはミキサーの1ch分を抜き出したというような意味です)

レコーディングでは入口と出口を変えると、音が大きく変化する場合が多いです。この考えに沿うとするとマイクとスピーカーを変えると変化が大きいということになります。
でもスピーカーを変えても出来上がる作品の音質は変化しないので、マイクを変えるのが一番変化が大きいことになります。

それに比べるとマイクプリの変化はかなり地味と言えます。でもマイクプリを使うと確実に音質アップするので、一度使い始めるとマイクプリなしでレコーディングするのはつらくなるほどです。いいマイクプリを使うと「このマイクって、こんな音してたんだ」と思うくらい変化することがあります。

マイクプリは2台所有してますが、安くておすすめなのがARTのTUBEMPです。私が持っているのはTUBEMP studioというコンプレッサー機能のついたモデルです。マイクだけでなく楽器もつなげてお得。DIの代わりにも使ってます。1台あるととにかく便利。
このシリーズはどれも音質は同じで、コンプの機能が違うだけです。このページでチェックしてみてください。

マイクプリは手持ちのマイクでもっと音質を向上させたい時には必需品です。

|

« サラウンドは「後ろからも音が出る」だけではない | トップページ | プロのレコーディングエンジニアを目指している人へ »

「レコーディング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/2599068

この記事へのトラックバック一覧です: マイクプリって必要なの?:

« サラウンドは「後ろからも音が出る」だけではない | トップページ | プロのレコーディングエンジニアを目指している人へ »