« 滝川クリステルさんとブログの究極の形 | トップページ | インターネット的 »

くりろぐとニュースJAPAN

昨日紹介したフジテレビのニュースJAPANのキャスター、滝川クリステルさんを考察するくりろぐ
見てみるうちに、初めからできがよかったわけではないことに気づいた。

続けていくことによって、レベルが上がっているのがわかる。

::kelloggというブログのぎゃ!!という記事に

2004年08月の頃に比べてキャプチャーの質が上がってるし・・・。

と書かれているが、キャプチャーの質だけではなく、文章もおもしろくなっている。
2004年08月の頃は、毎日似た感じの内容で同じように書かれていて、単調なイメージになっている。

ところが最近の記事になると、とにかくはじけている。とても同じ人とは思えない。
すべてにおいて上達していて、明らかに観察眼が鋭くなっているのだ。
私も続けていれば、レベルアップできるのだろうか。見習いたいと思う。

さらにmedicoの日記というブログを見て、なるほどとうなずいてしまった。

滝川クリステルは何となく色っぽいなぁ、と思っていたのですが、上のクリステルを日々キャプるサイトを見てその理由がわかりました。それは首のラインと背骨のラインがくの字?になっていることに起因する色気だったのです。このラインは直立であることが多いアナウンサーの姿勢とは一線を画しておるな、と思ったしだいでございます。

そうか、そういうことだったのか!今まで何だか気になっていたのは、そのせいだ!!
きっとまっすぐに座っていたら、たいして気になってはいなかっただろう。

だいたい「ニュースJAPAN」という番組は、ニュース番組にしてはかなり異質な番組である。

まずはカメラアングルが変だ。普通ではない。キャスターをまっすぐねらうことはあまりない。
特に松本さんとクリステル姉さんのツーショットがすごい。

松本さんがちょっと遠めで、クリステル姉さんが手前にいるという構図。
これによって、野暮ったさが払拭されている。
クリステル姉さんの魅力を引き立たせ、視聴者を画面に注視させる効果を出している。

もっとすごいのが、報じるニュースの偏り具合だ。
今までの常識で考えたら、扱うニュースの内容が偏っているのは問題であった。
しかし聞きたくもないキャスターの考えを、長い時間聞かされるよりはよっぽどましだと、私は思う。

最近はひたすらアメリカと北朝鮮の関係を扱っている。
これも続けるということで見えてくるものがあると思う。地味ではあるが骨のあるニュース番組だと感じている。

しかも25分という時間設定が絶妙だ。15分だと内容が薄くなってしまうし、30分以上だとすべてを見るのは難しくなってくる。
他局の長いニュース番組って、全部見てる人ってどれくらいいるんだろう。
この記事も長すぎて、全部読まれなかったりして。

※くりろぐに敬意を表して、滝川クリステルさんのことをクリステル姉さんと呼んでます。

|

« 滝川クリステルさんとブログの究極の形 | トップページ | インターネット的 »

「気になったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/2988847

この記事へのトラックバック一覧です: くりろぐとニュースJAPAN:

» ぎゃ!! [Kellogg]
「くりろぐ」 以前に萌え萌え〜なんて言って投稿したけど・・・。ここすげーよ! 「毎日の滝川クリステル姉さまについて考察を重ね,熱き血潮を滾らせるwe... [続きを読む]

受信: 2005.02.19 12:25

» 滝川クリステルを観察するブログ [[R]Richstyles!]
凄すぎ。この情熱に敬服します。まさに継続は力なり。ちょっと怖いです。(笑) くりろぐ こんなのもあります。 滝川クリステルと愉快な仲間達 via 切込隊長さん via Bewaadさん... [続きを読む]

受信: 2005.03.04 07:57

« 滝川クリステルさんとブログの究極の形 | トップページ | インターネット的 »