« インターネット的 | トップページ | なじめないイエスの「危機」でブログのコメント機能について考えてみた »

「インターネット的」を読んでブログを書く理由を改めて考えた

昨日に引き続き、糸井重里著の「インターネット的」を読んで感じたことを書きたいと思う。
気になった文章があったので、引用してみよう。

 いま思っていることは、新鮮なうちに、いま言ってしまわないと、ほとんどが消えてしまうのです。その程度のことで消えてしまうようなものはたいしたものじゃない、という言い方もできるのですが、試しに語ってみる、とりあえず始めてみることによって、アイデアやクリエイティブは膨らんだり転がったりして、大きな何かに化ける可能性があるのです。

私がブログを書いている理由は、この文章に集約されている。
私は自分で言うのはなんだが、消えてしまうにはもったいないことをいろいろ考えているのだ。

考えるだけでは、何かを生み出すことも、アイデアとなることもない。
まして膨らんだり転がったりすることは絶対にありえない。

そうは言っても、考えていることを的確に文章にするというのは難しいものである。
こうして今も、その難しさと闘っている。

でも大きな何かに化ける可能性を信じている。続けていれば、必ず変化が起こるだろうと思っている。
このブログも、スタートしてもうすぐ2ヶ月になるが、まだ何も見えてこない。

最近の私の変化は、ものすごい勢いで本を読むようになったことだ。
通勤の行き帰りの電車の中だけだが、集中して読んでいる。
インプットしなければ、アウトプットはできないと痛感しているからだろう。

|

« インターネット的 | トップページ | なじめないイエスの「危機」でブログのコメント機能について考えてみた »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/3027853

この記事へのトラックバック一覧です: 「インターネット的」を読んでブログを書く理由を改めて考えた:

« インターネット的 | トップページ | なじめないイエスの「危機」でブログのコメント機能について考えてみた »