« 阿久悠の日記本から学んだこと | トップページ | 大人のための文章教室(2) »

大人のための文章教室

今日は今読んでいる、清水義範著「大人のための文章教室」について書きます。

この本もブログ研究のひとつとして読んでいます。
ブログの記事は誰かが読んでいるものです。読んだ人が、少しでもわかりやすい文章が書けるように、という気持ちからこの本を手にとってみました。

まだ読んでいる途中ではありますが、役に立ちそうなことがちょこちょこ書いてあります。気になったところを、少し引用してみたいと思います。

 こちらの情報が正しく伝達されることはまず第一の目的だが、それだけではなく、相手に同意、同感させることが文章の二番目の目的である。  そして、相手をこちらの希望するように動かすのが、文章の究極の目的なのだ。  動かすと言うといやらしいようだが、文章とはそういう欲望を持っているものだ。その欲望がちゃんと満たされるように書く、というのが、文章の技なのである。

まさにそのとおり、と納得してしまいます。その技を、この本を読んでいったら習得できそうです。

この本で書いていることは、たいていはすでに知っていることが多いと思います。ただ心底理解しているか、納得できているか、実践できるか、というと疑問です。

でもこの本では、すばらしい実例が納得させてくれるのです。ああしろ、こうしろという紋切り型の書き方ではなく、自分にあった書き方を考える手引きとなるような内容です。

文章を書くときの意識について、あらためて考えさせられます。
特に接続詞について書かれている部分には、とても感心させられました。実例と解説が一体となって、これ以上ないくらいの理解を得ることができました。
この部分を読むだけでも、価値があると思います。

 接続詞なんて単なる文章のつなぎ役、と思っている人がいるかもしれないが、そうではない。接続詞があるから、文章は展開でき、つながっていくのだ。そしてそのつながり方、それを私は論理構造と言っているのだが、それを決定しているのが接続詞である。

この本では、接続詞がなくても文章の内容は伝わるということも説いています。要所にうまく使って、効果をあげられるように研究したいものです。著者はこんなふうに書いています。

接続詞をどう使えばいい文章になるかの技は、頭の中では大いに意識しつつ、実際にはあまり使わないこと、なのである。

この大いに意識するというのが重要だと思います。接続詞をうまく使うことを意識するだけでも、文がちょっと読みやすくなると感じます。さっそく実践したいです。

本の中で、「岩波講座日本語6 文法I」を引用している部分があるのですが、いろいろな接続詞を分類して列記しています。私が使う接続詞が、いかに限られているかがわかりました。
これを機会に、いろいろな接続詞を使えるよう訓練します。とりあえずその引用を書き出して、モニターの近くにでも貼っておこうと思ってます。

この本に関するブログで、バックギャモン日記 ~ Yazawaです、というブログの大人のための文章教室という記事が、わかりやすくよくまとまっているので、おすすめです。

|

« 阿久悠の日記本から学んだこと | トップページ | 大人のための文章教室(2) »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/2910821

この記事へのトラックバック一覧です: 大人のための文章教室:

» 清水義範(本) [清水義範トラックバックセンター]
こちらは、清水義範先生が書いた本についてのブログを書いたときにトラックバックするページです。 お気軽にトラックバックを送ってください。ご協力お願いいたします。... [続きを読む]

受信: 2005.02.22 22:16

« 阿久悠の日記本から学んだこと | トップページ | 大人のための文章教室(2) »