« 大人のための文章教室(2) | トップページ | 滝川クリステルさんとブログの究極の形 »

こんなコミュニケーションがあったなんて

表題のとおりに、「こんなコミュニケーションがあったなんて」と驚きを隠せなかった。

webdogのSNSに子供を入会させろ!早いうちに耕せ!U18を逃すな!という記事で紹介されている記事を読んで驚いたのである。

それは、読冊日記というサイトのぱど厨になってみるという記事である。

ぱどタウンというサイトにある、小中学生向けの掲示板について書いている記事なのだが、小中学生がどのようにインターネットを利用しているのを知ることができる。

つまり彼らは、お互いに相手の掲示板に書き込むことによって会話を交わしているのだった! なんと面倒なことを、と思わず呆れてしまったのだが、これはつまりケータイメールによるコミュニケーションの流儀をそのまま掲示板に持ち込んだものであり、彼らにとってはこのやり方が自然なのかもしれない。

こんな面倒くさいことをするのは、私には信じられない。どうやら暇だからできると言えそうだ。
試しに「住民センター」という掲示板を実際に見てみたのだが、とにかく「暇」と文字の多いこと多いこと。

自分の掲示板への書き込みの返事を、相手の掲示板に書き込むという使い方は、私にはとうてい思いつかない。
まず、その仕組みを見ただけで理解できるかどうか、あやしいところである。

ましてやチャット相手が浮気することを禁止するだなんて、とても信じられない。

どうやら、彼らは、友だちや、彼氏彼女を「取られる」ことを恐れているようだ。すなわち、「はしご」をされて自分のぱど友やぱど彼の掲示板に書き込まれた場合、「とられた」という気分になるのではないか……と推察したのだけれど、これが正しいのかどうかはよくわからない。
この文章を読んで、私もそうなのだろうと考えることはできるが、理解ができなかった。 ネット上での話し相手に対して、独占欲を抱くというのはどういう感覚なのだろう。本当にさっぱりわからない。

昨年、小学生が同級生を殺害するという事件があったが、それを思い出してしまった。

この事件の発端は、確かネット上で悪口を書かれたというようなことだったと記憶している。
どうやらこの年代の人たちはネットでのコミュニケーションをかなり重要視しているようである。しかも私の想像もできないレベルで。

この世代の人たちが社会に出るときに、どんなコミュニケーションをするのか、恐ろしくなってしまった。

|

« 大人のための文章教室(2) | トップページ | 滝川クリステルさんとブログの究極の形 »

「気になったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/2937734

この記事へのトラックバック一覧です: こんなコミュニケーションがあったなんて:

« 大人のための文章教室(2) | トップページ | 滝川クリステルさんとブログの究極の形 »