« ホリエモンを研究する | トップページ | ホリエモンってマゾなの?(Hな話題ではありません) »

ホリエモンに対する日テレ会長の発言にまだまだ日本も捨てたものではないと感じた

日本テレビの氏家斉一郎会長が2月28日の定例会見にて、堀江貴文氏に対して感じることを発言したそうである。
以下はその発言の新聞からの抜粋である。

「どれだけ成功するか分からないが、既成の権力に立ち向かっていく姿勢は、日本に一つの活力をもたらすことがあるのかな。我々も若いころはつっぱっていた。常識は欠けていてもなかなか面白いことを言う」
「何かを変える『うねり』のひとつぐらいの力は持ってるのかもしれない。面白い問題を提起したと思う」
これを読んで、こういう感想を持つ人もいるのかと喜んだ。 今まで株だの、買収だの、乗っ取りだのとそんなことばかりが論じられていて不満だった。 このような発言をしてくれる人を待っていた。

ところがこの発言に関するブログを見ると、私のような感想を持つものは見つけられなかった。
どういうものが多かったかというと、以下の引用のようなものだ。

 日テレとフジって視聴率競争でライバル関係にあるわけっしょ。どーういう意図で言ってるのか、推し量りかねますけどね。日枝氏がフジから去ったらいいことあるのかな?   でも、エスタブリッシュメントの皆さん内部での調整がついた、ともとれる発言ですよね。これはっ、日枝サイド「アウト」かな、ふむぅ。

感覚の諸要素 ラフスケッチ より新キャラ登場「氏家斉一郎」氏


 結局他局の今回の報道の仕方って他人事なんですよね。自分の局が同じことされてたら同じこと言えたかっていうところあったりしますよ。
 まあ日テレとかにしたら、フジに対してざまあみろって感じなんでしょうけどね。

リッキーズサイト よりなんか結局人ごとなんだよなぁ。


上手いこと言う。

他のTV局としたらフジTVを超える絶好のチャンスではあるんだが、かと言って闇雲に叩いてしまうと復活された時にしっぺ返しを食らう。と勝手に想像した状況で考えるとコメントを頑張ってだしたなぁと思った。

こめつぶ より他の局はどうするのか?


これらを読んで真意はどうなんだろう、と私は闇の中に入り込んでしまった。
しかし、そんなことはどうでもいい。

私はおもしろいことに目を向けることを重視したいのだ。
「ホリエモンが何をしようとしているのか」ということに注目したいのだ。

このまま行くとプロ野球新規参入のような結果になるのだろうと予想している。
そこで問題になるのはプロ野球の時の楽天の役割を誰がするのか、ということだ。

ホリエモンのおかげでプロ野球界には変化が起きた。
今回のニッポン放送の事態が落ち着いた時、今のままでは何も残らないような気がする。
株の売買に関する法改正がされるだけだろう。

それでいいのだろうか?
今回の騒動を騒動として終わらせて欲しくない。放送界に新たな変化が起きることを祈っている。

|

« ホリエモンを研究する | トップページ | ホリエモンってマゾなの?(Hな話題ではありません) »

「ニッポン放送株関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/3122284

この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモンに対する日テレ会長の発言にまだまだ日本も捨てたものではないと感じた:

» ニッポン放送株問題関連のトラックバックセンター [ブログニュース速報@トラックバックセンター]
フジテレビ、ライブドア、鹿内家で揺れ動くニッポン放送株問題に関連するトラックバック ニッポン放送(にっぽんほうそう) 会社概要 業  種:放送法に... [続きを読む]

受信: 2005.03.08 14:36

« ホリエモンを研究する | トップページ | ホリエモンってマゾなの?(Hな話題ではありません) »