« やっと見つけた使えるカレーブログ | トップページ | ライブドアのやりたいことはできるのか »

ホリエモンは破壊王なのか?

またまたホリエモンである。
ホリエモンことライブドアの堀江社長に関するブログの記事の内容に、共感できるものが増えてきた。
やっと私は異端でも変人でもないのだと思えるようになった。

TBしていただいたVIDEONEWS BLOGの記事なぜ私たちはホリエモンを応援すべきなのかにこんなことが書いてあった。

番組の中で、私は彼の壊し屋としての力については120%の評価をしているが、その後に何を作るのかが見えてこないので、その部分が見えないうちは評価を留保したいと発言しました。ライブドアが提唱しているパブリックジャーナリズムなどの発想があまりにも安直過ぎるように思えたからです。

しかし、これは宮台さんの一言で吹っ飛びました。
「壊し屋としてのホリエモンに、創造主としての役割まで要求する必要はないじゃないですか」

この宮台さんの一言を読んで、私は心の中にあるもやもやが晴れた。
私が何かすっきりしないと感じていたのは、今回のニッポン放送株の件で世間が、まだホリエモンに期待をしていることだったのだとわかった。

ホリエモンは、もうすでに十分役割を果たしていると思う。
これ以上期待しなくていいのだ、ということに気がついた。これは大きな発見だ。
もうそろそろ「次は何をするんだ」ということに目を向けた方がいい。

世の社長さん方が「うちの会社もやばいかも」と考えるようになれば、それでいいだろう。
株取引の法改正の動きも出てきているようだし。

|

« やっと見つけた使えるカレーブログ | トップページ | ライブドアのやりたいことはできるのか »

「ニッポン放送株関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/3135326

この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモンは破壊王なのか?:

» ニッポン放送株問題関連のトラックバックセンター [ブログニュース速報@トラックバックセンター]
フジテレビ、ライブドア、鹿内家で揺れ動くニッポン放送株問題に関連するトラックバック ニッポン放送(にっぽんほうそう) 会社概要 業  種:放送法に... [続きを読む]

受信: 2005.03.08 14:08

» ライブドアを通して考える新しいジャーナリズムの形 [大いなる夢]
フジテレビによるニッポン放送のTOBは成功裏に終わり、ライブドア堀江さんの形勢不利は否ません。裁判を絡めた戦いは長期にわたるため、ライブドアのスピーディーなビジ... [続きを読む]

受信: 2005.03.09 03:47

» 実はライブドアにとってはニッポン放送だけでも十分(なはず)なんですよ [ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ]
もしこれを堀江社長が秘策としているのだとすると、あまり言い過ぎてしまっては申し訳... [続きを読む]

受信: 2005.03.19 12:05

« やっと見つけた使えるカレーブログ | トップページ | ライブドアのやりたいことはできるのか »