« アーティストの単発契約は悲しいことなのか? | トップページ | いい国の判断基準 »

起こせ!ムーブメント

実にタイムリーなものを見つけた。
何がタイムリーなのかというと、前回の記事「アーティストの単発契約は悲しいことなのか?」で書いたことをわかりやすく実践している人物がいたのである。

その人物を扱ったITmediaニュースの記事を見つけたのだ。
その記事は「Blogがすべてだった」――20歳ガングロ社長の“ギャル革命” である。

私は前回の記事で

ムーブメントの起こしかたは、とても多様化しています。
ついでにレコード会社がムーブメントを起こすことが少なくなっています。(というか起こせなくなってきている)
ムーブメントを起こせるアーティストって、どんな状況でも起こせるような気がします。(それが才能なんだと思うし)
だからレコード会社との契約で、そんなに大きく変わるとは思えないのです。

と書いた。
これを書いてから、具体的にその例が挙げられないかと探していた。
それがタイミングよく見つかった。

その記事で一番驚いた部分が以下の部分である。

 「ねぇねぇ、私、会社起こそうと思って。メアド教えて!」――そんな調子で、ギャルに声をかけまくる。「多分、みんな訳も分からず教えてくれた」――勇気を出して声をかけると、8割がメアドを教えてくれた。教えてくれるだけでなく、メアド集めを手伝いたいと言ってくれるギャルもいた。

いまどき、こんな方法でメアド集めをしようなんて思うとはすごい。
ビックリである。こんな方法は思いついても実行に移そうとはしないものだ。
でも彼女はしたのである。

この感覚を有名になったとしても持ちつづけてもらいたい。

 「ギャルだからってバカにすんなコラっ!。何かデッカイことをやって、ギャルもやればできるんだって証明してやる」

変に金儲けに走らずに、この気持ちが感じられるうちは、陰ながら応援したいと思う。

でもどういう内容のCDなんだろう?とても気になる。

とりあえず、まだブログをチェックしてないからしてみよう。
★☆ギャルの革命☆★

|

« アーティストの単発契約は悲しいことなのか? | トップページ | いい国の判断基準 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/4299120

この記事へのトラックバック一覧です: 起こせ!ムーブメント:

» 第1回目ゲスト”シホ有限会社G−Revo 代表取締役社長 sifow 様” [下を見下げてごらん]
はじめまして。ギャル革命のsifowさん関連でTBしています! 運営する共同ブログにて平成17年4月14日にsifowさんがゲスト登場しました。 ぶしつけで申し訳ないのですが、遊びにきてください☆ *間違えのないようにTBさせて頂いてますが、二重トラックバックなどありました... [続きを読む]

受信: 2005.05.27 21:12

« アーティストの単発契約は悲しいことなのか? | トップページ | いい国の判断基準 »