« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

郵政民営化は構造改革の始まりにすぎない

木を見て森を見ず。
郵政民営化について書いているブログを読んでいたら、この言葉によく出会った。
だが、そういう記事に限って、その言葉のとおりになっていると感じた。

私は郵政民営化は構造改革のはじめの一歩にすぎないと思っている。
だがこの一歩は踏み出せば大きなものになることは間違いない。

「まなびの途中」というブログの記事「今さらですが、田中角栄の功罪」に以下の文章があった。

この肥大化したシステムの末路が、膨大な国家債務になり、一方、そのシステムに 参加できない政治家は、老人に向けた、福祉政策のオンパレードになる。 自民党は自民党で、今回、小泉さんのとった選択、良し悪しあるが、 結果、巨大な利権システムを崩壊につなげ、 どっぷりつかっていた政治家が、本当に、ピンポイントに、 脊髄反射のごとく、反対した、だけだ。 そういう意味で、今回の選挙結果は、とても楽しみである。

私が注視しているのは、まさにこれだ。
郵政民営化という木だけを見て、田中角栄の築いた時代遅れのシステムの改革という森を見ないでいると、今回の選挙で投票する意味がなくなる。

言いたいことは山ほどあるが、ちょっとずつ書いていきたいと思う。
郵政民営化についての記事がしばらく続きそうである。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

破壊王! 小泉

世間は郵政解散で盛り上がっている。
本当に盛り上がっているのかわからないが、少なくとも私は盛り上がっている。

1週間くらい前までは、「あぁ、やっぱり日本はこのまま何も変わらないままなのね」と悲観的になっていた。
ところが男小泉やってくれました。

構造改革の本質をついに突いたのだ。
私は今まで「自民党が構造改革しないうちは、日本の構造改革はありえない」とずっと思っていた。
それをついに実行に移したのだ。

正直感動した。
「郵政民営化に反対の議員は、自民党公認にはしない」なんて小泉首相以外は絶対に言えない。

選挙のたびに、選挙がよくわからないという人にいろいろ説明することがあったが、今回はわかりやすい。
こんなに説明しやすいのは初めてだ。
ということは、筋が通っているのが初めてだと言い換えることができそうだ。

一部分ではあるが、自民党を壊してしまう勇気には脱帽だ。
あんなに信念を貫けるなんて、いったいどういう精神を持っているのだろうか。

ホリエモンの破壊王ぶりもなかなかでしたが、小泉首相のほうが桁違いにすごい。
とにかく壊しただけで終わらないことを祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

渡辺美里in西武ドーム

ついに終わってしまった。
私の年中行事の一つになっていた渡辺美里の西武ドームのライブである。
終わってからしばらくは冷静さを失っていたが、やっと落ち着いてきた。

それにしても、すごいライブだった。
観客のあの異常なテンションは、なかなか味わえるものではない。
しかも見た感じ観客は30代が中心。
年齢層の高いライブでの異常なテンション。完全にミスマッチだ。
オレンジレンジだとか、サンボマスターのライブがそういうテンションだった、というのならわかるが、ベテランと言ってもいいアーティストで、しかも女性。
貴重な体験をさせてもらった。

20年というのは一言で言ってしまうのは簡単だが、本当にとんでもないことだ。
ここ何年かは、正直客の入りも決していいとは言えない状況だった。
でも20回目は違った。
最終章にふさわしく超満員の観客。
アンコールの大合唱。
忘れられない思い出となった。

また何年かして機が熟したら、西武ドームに帰ってきて欲しい。
そのためにもまったく個人的ではあるが、ライブ終了後にスクリーンに表示された「See you next summer,any way,any where」がロックフェス、夏フェスへの参加であることを期待している。

とにかく私は新しいファンを獲得して欲しい。
渡辺美里を生で聴いたことがない人に、ぜひ聴いてもらいたい。
それにはロックフェスへの参加は、これ以上ないチャンスだ。
ロックフェスで素晴らしいパフォーマンスをすれば、間違いなく話題になるはず。

そうして獲得した新しいファンが、まだ見ぬ西武ドームに思いをはせ熱望し、それに答える形でまた西武ドームでライブを行う。
そんな流れになったらと願っている。

渡辺美里の新しい一歩に期待している。
そして来年の夏の新しい挑戦が今から楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »