« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »

プラズマテレビがやってきた ヤァ! ヤァ! ヤァ!が始まった

パイオニアのブログモニターキャンペーン、プラズマテレビがやってきた ヤァ! ヤァ! ヤァ!が始まったのでチェックしている。

ちなみに私は一次審査すら通らなかった。
当たり前と言えば、当たり前。
すでにホームシアターを組んでいる人間をモニターにしても、何もいいことがないからだ。

おそらくパイオニアは、「プラズマはマニアが買うもの」という傾向に歯止めをかけたいのだろう。
でも、もはやプラズマが一般のテレビ視聴者に受け入れられるかというと、それは難しいと思う。

今回のパイオニアのプラズマの売りは、ずばり「黒」である。
黒がきれいに映るという、プラズマ自体の売りを前面に押し出してきた。

今までなら、「こんな大画面でハイビジョン画質はプラズマだけですよ!」なんて売り文句もあったのだが、液晶でハイビジョン画質60インチオーバーのモデルが売られている現在では、まったく効果がなくなった。

そうなると最後のアドバンテージは、「黒」ということになる。
つまり液晶の苦手なところということだ。
悪い言い方をしてしまうと、液晶の弱みにつけこんでいると言えてしまう。

プラズマは液晶のように派手な画質ではない。
パッと見が派手な液晶の画質に惹かれる人の方が多いだろう。

その大きな要因は家電量販店の照明の明るさにあると思っている。
一般家庭であんな馬鹿みたいに明るいところでテレビを見ている人は、まずいない。

40から100Wくらいの蛍光灯または電球の照明というのが、大多数のはずだ。
最高に明るくても、晴れた日の昼間に限られる。
そんなごくごく限られた時間くらいしか、部屋が明るいということはないのだ。

それなのに、馬鹿みたいに明るいところで商品の選択をしなくてはならない。
そんな状況で液晶がいいのか、プラズマがいいのか正確な判断ができるとは思えない。

家電量販店で見るとプラズマの映りは暗く見えてしまう。
でも冷静になると、液晶の明るさ、派手さは不自然に感じる。

テレビ放送が派手な画作りをしているので、地上波テレビ放送を見るのがほとんどという人には、液晶のほうが断然合っていると言える。

プラズマは映画を見る人。特にフィルム画質を愛する人にいいだろう。
落ち着いた質感の似合う人物中心の映画を、じっくり見るのに向いている。
私のプラズマに対する考えは、今のところそんな感じところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gooランキングって、どうなんでしょう?

流行りモノと気になるビジネス書のログというブログでこんな記事を見た。

あまりに???なので、gooランキングの該当ページを見に行った。

これは一体どういう調査の結果なんでしょうか?
だってランキングの上位の街に住みたいと思いますか?
全然思わないんですけど。

試しに住んでみたい街のランキングというのなら、納得できるんですけどね。
質問の仕方が良くないんじゃない。
質問する側の意図が見えない上に、答えている側の意図もよくわからない。

「吉祥寺に住んだら、なんか楽しそうじゃん」的なノリで答えてると思うんだけど、どうなんだろう。
そんなノリのランキングで見えてくるものって、あんまりない。

住んでみたい街と聞かれて、とっさに答えるのはイメージが湧きやすい街だということ。
住んでみたい街に実際に住もうとする人は、かなり少なそうだ。
そんなところですかね。

首都圏に於ける賃貸を探す際に重視する設備条件ランキングなんて、私が一番最優先する「風呂とトイレが別」は「BS付」「ロフト」より下でランキングされてないですよ。
びっくり!!
私はひねくれ者ってこと?
「風呂とトイレが別」ってひねくれた条件じゃないと思うんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっとパイオニアさんに媚びておこう

パイオニアがプラズマテレビの公開ブログモニターを募集していて応募したので、パイオニアに媚びているしだいです。
詳しくはこちら

10月下旬からモニターがスタートするのに、まだ何も連絡が来ていないので選考からもれていることは確実ですが、それでも突き進みます。

パイオニアは、オーディオマニアの間で強くプッシュされるメーカーとは言えない。
その原因は音の線が細く感じられるからだろう。

ジャズやハードロックなどで、ガツンと来てほしいと思って音楽を聴く人には向かない、といえるだろう。
でも私のようにオールジャンルをいろいろ聴く人間にとっては、色付けが少ないので好ましい。
この色付けの少なさは、裏返すと個性のなさと言えてしまうのが残念なところ。
しかしパイオニアは色づけは少ないのに、ちょっとした個性を出している製品が多い。

少し前まで、私は音楽用のCDレコーダーPDR-D7をCDプレーヤーとして使用していた。
この機種はレガートリンクコンバージョンを採用しているため、高域が実に細やかで伸びがあるのだ。

その特徴は残響音に特に強く影響する。
残響が美しく再現されると、実に心地よく聴くことができるようになる。
クラシック、ポップスのバラードものなど、奥行きが感じられるようになり広がりが出る。

以上の点が気に入って、しばらく愛用していた。
ところが電源タップをアコーステッィック・リヴァイブのYTP-6に変更したら、線の細さが気になるようになってしまった。
どうもプレーヤーとタップの相性がよくなかったようだ。

オーディオアクセサリーというのは難しいもので、どこかひとつを変えるとすべてのバランスが崩れてしまうことがある。
実に悩ましいものだ。

今は手放してしまってないのだが、「またあの音が聴きたい」とたまに思うことがある。
私にとってパイオニアのPDR-D7は、そんな心に残るプレーヤーだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この際だからパイオニアさんに媚びておこう2

今年買ったもので、大活躍しているものがある。
それがDVDレコーダーだ。

本当はハイビジョン画質でディスクに保存できるレコーダーが一般的になるまで、買うまいと思っていた。
しかし連続ドラマの録画をテープで毎週行うのは、時代に合っていないと痛感した。

こんな面倒なこと、やってられるか!という気分になった。
今年に入って連続ドラマを毎週録画するようになって、強くそう感じたのだ。

買ったのはパイオニアのDVR-520Hという機種だ。
めったに衝動買いしない私が、衝動買いしてしまった。
いわゆるエントリーモデルにあたるグレードの商品だ。

とにかく連続ドラマを毎週確実に録画してくれればそれでいい、というそれだけで購入したのだが、テレビの見方が大きく変わった。
購入したのが2月の終わりころだったので、半年以上使用しているが、完全にこれなしの生活は考えられなくなってしまった。

今まで見たい番組は、その時の気分と合わなくても放送されているときに視聴していた。
DVDレコーダーを買ってからは、とりあえずハードディスクに入れておいて、その中から今の気分に合うものを選んで見る、というスタイルに変わった。

たとえば今毎週欠かさず見ているドラマが放送されているとしよう。
でも今はどうしてもそれを見る気分になれない。

DVDレコーダー購入前なら、それでも仕方なしにそのドラマを見ていた。
しかし今はそのドラマは録画しておいて、昨日録画しておいたトーク番組を見るというような行動になった。

これは私にとっては、大きな変革だった。
最良の状態で視聴できると言っても過言ではない。

見たいときに見るのが、一番楽しいことは間違いないのだ。
そんな私の行動を自分でこう名づけている「家庭内オンデマンド」と。

今録画中にもかかわらず、録画しておいたものを見る。
こんなわがままな「家庭内オンデマンド」を実現しているパイオニアのDVDレコーダーに感謝感謝な毎日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この際だからパイオニアさんに媚びておこう1

パイオニアとはオーディオ・ビジュアルの一流メーカーであるパイオニアのことである。

何でそのパイオニアに媚びるのかというと、パイオニアがプラズマテレビのモニタを募集していて、それに応募したからだ。
くわしくはこちら

大画面テレビは、昨年からずっと欲しいと思っていた。
一回自分の家で試してみたいと、叶わぬ夢を見ていた。
その夢がもしかしたら叶うかもしれないのだ。

私は何でも一度試してみないと気がすまないところがある。
試してみないとわからないことって実に多い!!と思っている。
43V型のテレビが自分の家に置かれ、それを実際に見る生活というのは創造するのが難しい。
もしかしたら自分の生活が激変するかもしれないし、たいしたことないと感じるかもしれない。
やってみないことには、わからないのだ。

我が家の5.1chサラウンドシステムが、プラズマの大画面の迫力に負けるなどという不測の事態に発展する可能性も否定はできない。
(そんなことは絶対にないと信じてはいるが)
もしそうなったら、人生観すら変わってしまうことになるだろう。

そんなことを考えていたら、応募しないわけにはいかないので即応募した。
よく見たら締め切りは今日ですね。
どれくらい集まっているのだろうか。
まぁ選ばれることはないと思っているので、ブログがスタートするのを楽しみにしている。
モニターに選ばれた人がどんなことを書くのか、今からかなり気になっているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺美里おそるべし!

渡辺美里のフルオーケストラ・コンサート『うたの木 seasons"オーケストラ"』に行っ
てきました。

雨にもかかわらず、会場の昭和女子大人見記念講堂は満員でした。
このホールにはオーケストラのコンサートでたまに来たことがあったけど、ポップス系
のコンサートは初めて。さて今日はどんな感じになるのか、と思いながら自分の席に着
きました。

ある意味、企画もののコンサートということで大きな期待はしていなかったのですが、
行って大正解!!
すごい、とにかくすごいの一言でした。

V20という西武ドームでの活動にひとつの区切りをつけて、なにかふっきれたような
印象を受けました。
アーティストとして、ひとまわり大きくなったように感じました。
声がこんなにも力強く、しかも心にやさしくしみこんでいくものなのかと、感動を抑え
きれない状態がひたすら続きました。

竹本泰蔵さんの指揮もすばらしかったし、何より新日本フィルハーモニー交響楽団の演
奏が気合が入っていてよかった。
音楽監督の斎藤恒芳さんのアレンジも聴き所が多くて楽しめました。
そんなバックに負けない力強い渡辺美里の歌声が、本当にすごかった。

最後の曲が終わると、ものすごい拍手とスタンディングオベーション。
オーケストラコンサートなのに、総立ちのままアンコール。

まだ2公演あるので、興味のある人は絶対に行くべきです。
公演情報はこちら

また近いうちにやって欲しい、と訴えたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »