« ゲルマニウム温浴で汗をかく | トップページ | PCの画面で海外を見る »

意味がなければスイングはない

村上春樹の「意味がなければスイングはない」を読んだ。
ステレオサウンド誌に連載されていることは知っていたが、あえて読まずにいた。
オーディオが好きな私だが、私の志向とその雑誌の志向がまったく合わないからだ。
それに村上春樹の連載を読むためだけに買うには、あまりに高すぎる。
その連載をまとめた本ということで、読んでみることにした。

音楽に関する本は、読むたびに難しいものだと感じる。
それは音楽というのは、結局聴いてみなければわからないからだと思う。

聴いてみなければわからないものを文章にし、読ませるのにはおそらくコツのようなものが必要であろう。
村上春樹はそのコツがわかっているように感じられた。
物語を読むような感覚で、読むことができた。

音楽について書かれているものは、アーティストの背景や発言を元にし、そこから話を膨らませたものが読みやすいようだ。
わかりやすい事実なしで、音楽に関する文章を読ませるのは至難の業だ。
読者がイメージすることができないからだろう。

その点、村上春樹は膨大な知識、調査を活かして書いていて納得させられることが多かった。
ただこの本が、それほど音楽に詳しくない人が読んで楽しめる本かというと、残念ながらそうではない。
どちらかというと詳しい人向けの本だ。

ただ自分の書きたいことを書くという姿勢を貫いているので、話がぶれるということがまったくない。
知らない人に対する説明的な文章がほとんどないので、村上春樹の言いたいことがストレートに伝わってきた。

とにかく音楽の聴き方について、改めていろいろ考えさせられた。
自分の聴き方を見つめなおす、いいきっかけになったと思う。
つい何気なく聴いてしまう音楽だが、たまには真剣に向き合うことも必要だと感じた。

|

« ゲルマニウム温浴で汗をかく | トップページ | PCの画面で海外を見る »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/8442658

この記事へのトラックバック一覧です: 意味がなければスイングはない:

« ゲルマニウム温浴で汗をかく | トップページ | PCの画面で海外を見る »