« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

プロジェクター購入

GWにプロジェクターを購入し、ようやく我が家のホームシアターも形になった。
購入したプロジェクタは、パナソニックのTH-AE300という思いっきり古い機種だ。

ヤフオクで中古をお手軽価格にて落札した。
現行機種にはTH-AE900という素晴らしいモデルがあるが、10万円台半ばという価格が私の価値観に合わないので、中古で十分だ。

当然、画質は現行機種と比べてしまうとつらいものだが、DVD鑑賞がメインなので全然問題ない。
DVDという、もはやこのご時世ではたいしたことのない画質を再生するには、これくらいでちょうどいいような気がする。

いちおう我が家には、CATVのデジタルチューナーがあるので、ハイビジョンのチェックもできる。
チェックしてみると、これでハイビジョンというには、ちと悲しいかも、というレベルだった。

ハイビジョンレコーダーを持っていないので、ハイビジョンは放送をリアルタイムで見るしかないが、放送をリアルタイムで見られるほど時間的余裕はないので、現状は不満がない。
とにかく映像が音に完全に負けているという状況がなくなって、本当にうれしい。

この機種は台形補正をすると、おぞましいほど画質が劣化するので、この機能はないものと思ったほうがいい。
台形補正をしなくてもいいセッティングを見つけたのでよかったけど、見つからなかったらどうなっていたのかと考えると恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収納を学ぶ

最近ここの更新が滞っているのは、収納の本というムック本を買って、インテリアの研究を始めてしまったからだ。
この本のいいところは、実際に生活している人の実例を中心に、構成されているところだ。

おしゃれさに主眼が置かれているのではなく、あくまで実用が優先している感じがいい。

収納の本やサイトに書かれているアイデアは、残念ながらそのまま自分の家に取り入れても合わないと思う。
でもいろいろなアイデアを知っていないと、自分の家を変えたいと思ったとき、急にはなかなかひらめかないものだ。

上記のムック本にも記事を書いている収納カウンセラーの飯田久恵さんは、収納に対して理論を構築していてすごい。
まだ、あなたの24時間が変わる整理・収納の法則―「快適な空間」をつくる、賢い選択 (文庫) しか読んだことがないが、ものを捨てることにさえ理論を展開していて思わず納得してしまうことが多い。

収納は奥が深いので、しばらく勉強の日々が続きそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リカちゃんがリポーターやってます

こちらを見ればわかりますが、リカちゃんがタカラトミーに入社したそうです。

配属先は広報・IR部だそうで、こんなふうにブログで仕事内容を見ることができます。

まぁ、あえて何も申しません。
次はなんだろうか、と思うだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土岐麻子のヴィレッジ・ヴァンガードのライブCD

久々のCD紹介。
久々ということは、なかなかいいものに出会えないということです。

土岐麻子さん、名前は知ってましたが聴いたことがありませんでした。
地元のヴィレッジ・ヴァンガードに行ったら、リンクに書かれているCDが1260円で売られていたので、だまされたと思って買ってみた。

いいです。
1260円(税込)なので、ぜひ買って聴いてみてください。
ちなみにジャズのヴォーカルものです。
伴奏はエレピのみ。

ジャズ初心者の人には特におすすめします。
聴きやすくていいと思います。
有名な曲ばかりだし、EW&Fのセプテンバーというジャズっぽくない選曲もあって、Good!

ヴィレッジ・ヴァンガードのライブと言っても、本屋のしかも下北沢のヴィレッジ・ヴァンガードです。
有名なジャズクラブでのライブではありません。

ジャケットが紙でしかもぺらぺらなので大切に扱わないと、ボロボロになりそうです。
裏ジャケが古いジャズのLPのようなデザインで渋くていい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »