« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

美しい轟音

このところ図書館でCDを借りて、いろいろ聴きまくることにはまっている。
金を出して買うほどではないけれども、一度聴いてみたいというものが聴けるのはとてもありがたい。

図書館では常にいろんな人がいろんなCDを借りるため、行くたびにラインナップが入れ替わる。
「へぇ、こんなものを置いてるんだ」とか「なんでこんなものがあるんだ?」などなど、感じることはいろいろある。
どういう基準で置かれるCDが選ばれているのかは、さっぱりわからず皆目見当がつかない。

そんなラインナップの中で、棚に置かれているのを見て、すぐに借りることを決めたCDがある。
それがサンボマスターの「僕と君の全てをロックンロールと呼べ」だ。
Photo
サンボマスターというとフジテレビ系ドラマ「電車男」の主題歌である『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』は聴いたことがあった。
この曲はいい曲だと思っていたが、それ以外で彼らがメディアに登場するときは、必ずといっていいほど轟音を出している上にさらに絶叫していて、そういうのが売りのバンドなのだと勝手に思い込んでいた。

確かに普段ハードなロックをあまり聴かない人間には、轟音と絶叫がまず耳に飛び込んでくる。
だが一曲目の「二人ぼっちの世界」をしばらく聴くうちに、彼らの本質がそんな轟音や絶叫にはないことがわかった。
轟音や絶叫を身にまとってはいるが、その裏に美しさや切なさが表現されている。

CDから出てくる音と表現されているものが、これほど異なるのはJ-POPでは珍しい。
蘊蓄をいろいろ書いてしまったが、偏見は一切捨てて彼らが伝えたいことに集中して耳を傾けて欲しい。
とにかくおすすめの名盤、傑作だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

温泉に行ってきました

3月1日に1泊で温泉に行ってきた。
群馬県の上牧温泉というところで温泉旅館以外には何もなかった。

泊まったのは辰巳館という宿。
貸切風呂の鄙の湯に1時間ゆっくりと入って、温泉を堪能。
リンクの写真を見るとわかるように、かなり贅沢な時間を過ごせた。
これだけでもかなり満足だった。

この宿は食事もかなり売りにしている宿で、囲炉裏で夕食を食べた。
いろり献残焼という料理で、囲炉裏の炭でいろいろなものを自分で焼いて食べるので、なかなか楽しかった。
素材がいいものばかりで、かなりおいしくこれまた満足。

はにわ風呂という大浴場には山下清氏が制作したガラスタイル貼りの壁画があり、これを見ながら温泉に浸かれたのも、いい経験だった。

新幹線でぱっと行って、何もせず温泉に入って帰ってくるだけという旅行だったが、たまにはこういうスタイルもいいと思った。
贅沢な時間を過ごした気がする。

観光地ではなく周辺に特に見るべきところのない地域なので、本当にがんばっている宿だと感じられた。
またいつか行ってみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »