« キャプテンEO | トップページ | いい音への道は電源から(パート1) »

いい音は磁気を取り除くことから

今回は私が使用しているおすすめのオーディオアクセサリーを紹介します。

アコースティック・リヴァイヴ(通称:アコリバ)のRDシリーズです。
私が使っているのは「RD-1」ですが、現在はマイナーチェンジを2回実施して
「RD-3」というモデルになっています。

基本的な仕組みは変わっていないので、この機械を使った効果は
それほど大きくは変わらないと思いますが、以下はRD-1の使用感をお伝えします。

まずこの商品はオーディオ用の多目的消磁器というものです。
金属は多かれ少なかれ磁気を帯びてしまうものですが、
その磁気を取り除こうというものです。

CDやDVDなどの光学ディスクに使用するのが基本になります。
まず機械のスイッチをONにし、レーベル面を下、信号面を上にして
ディスクを置きます。
次にボタンを押して消磁を開始、ランプが消えるまで待ちます。
ランプが消えたら、ディスクをひっくり返し、
またボタンを押して消磁を開始、またランプが消えたら終了です。

こんな簡単なことなので、そんなに大きな効果はないだろうと思っていましたが
再生してみたら本当に驚きでした。

それまでオーディオ関連ではいろんなことで驚かされてきましたが
これは本当にびっくり!!
明らかに音がよくなるのです。しかもどのディスクも例外なく。

それ以来、CDを聴くときは必ず消磁を行ってから再生するようになりました。
どうも消磁をするとプレーヤーの回転むらがなくなるようで、
プレーヤーの回転の音が、消磁前はむらがあったものが消磁後はむらがなくなります。

そのほかにもいろいろ効果があるので、音が良くなるのでしょう。
でもはっきり言って、理屈はどうでもいいです。
間違いなく音が良くなるのですから。

DVDも画像がきれいになります。にごった感じが少し改善されます。
とにかく再生前には「消磁」がすっかり習慣化してます。
というか「消磁」してからでないと、音楽を聴く気にならなくなってます。

ちなみにRD-1でしたら、ヤフオクなどで中古を安く手に入れるのがおすすめです。
私は確か7千円くらいで買いました。だいたい1万円以下で買えるでしょう。

まだ試したことはないのですが、ケーブルや電源タップ等でも効果があるということな
ので
今度試してみようと思います。

|

« キャプテンEO | トップページ | いい音への道は電源から(パート1) »

「オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/48926733

この記事へのトラックバック一覧です: いい音は磁気を取り除くことから:

« キャプテンEO | トップページ | いい音への道は電源から(パート1) »