« タルカス/吉松隆 | トップページ | わかりやすく伝える技術/池上彰 »

モンスターケーブル/PowerLine 400

久しぶりにオーディオのアクセサリーを購入した。
モンスターケーブルのPowerLine 400を線材に使用した
カスタムの電源ケーブルだ。

モンスターケーブルは一時期、スピーカーケーブルを愛用していた。
パワーがあって元気な音が出るところが特徴だと感じている。

ヤフオクで購入。2700円也。

今まで、うちのオーディオはクリアで伸びやか
だけどガッツがちょっと足りない感じだった。
それを補えれば、という期待がある。

早速、つないでみる。
まずはプレーヤーのケーブルと交換。
これは聴けない。
今までクリアな音が特徴だったシステムの良さを完全に消してしまった。

プレーヤーのケーブルを元に戻し、
今度はAVアンプのケーブルと交換。

なかなかいい感じ。荒削りな印象だがパワーが出た。
高音の伸びは衰退したが、低音の安定感は増した。
ただし低音が少し暴れる。低音が多い音楽だと落ち着きがなくなる。
これはエージングが済むとなくなるかもしれないし、
なくならないかもしれない。
ちょっと繊細さに欠けるのが残念。

今度は、新しいケーブルはそのままアンプにつないだままで
今までアンプにつないでいたケーブルをプレーヤーにつなぐ。
するとさっきよりは落ち着きが出て、繊細さも少し出た。

さて最後に、一度ケーブルの接続を元に戻したあと、
壁コンセントと電源タップの間のケーブルを交換。
このつなぎが今までで一番しっくりくる。
ヴォーカルもので歌の生々しさが出て、目の前で歌っているかのような
印象を受ける。
音が自分に向かって飛んでくる感じが強くなった。

とりあえずこの状態で聴き続けていこうと思う。
一時間くらい聴いていたら、暴れた感じも薄れてきた。
エージングが進むといい感じになりそうな希望がある。
一週間くらい経つと、音がこなれてくるのではないだろうか。

つなぎ方を変えてみて、今まで感じていたことが
より強くそう感じられるようになったので、
またの機会に書きたいと思う。


交換前のケーブルの接続は以下の通り。
プレーヤー:ACOUSTIC REVIVE/2.0mm単線ケーブル使用(カスタム)
アンプ:AET/HIN AC QUAD (カスタム)
壁コン-タップ:WIRE WORLD/AUP3+

|

« タルカス/吉松隆 | トップページ | わかりやすく伝える技術/池上彰 »

「オーディオ」カテゴリの記事

コメント

検索でたどり着きました。
この手のヤフオクでのケーブルは見た目が似ているようで贋物が多いようですよ?
とくに安い価格で中国経由で来る物は疑うべきです。MonsterケーブルとAKGのヘッドホンなんかはかなり贋物が多いらしく、向こうでは300円で買えるとか。
Mosterにパワーラインシリースは300までしかなかったように記憶していますが・・・


価格ドットコムなどでも検証をされてる方がいました。

投稿: 通りすがり | 2011.02.19 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72312/49017644

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターケーブル/PowerLine 400:

« タルカス/吉松隆 | トップページ | わかりやすく伝える技術/池上彰 »