復刻版キャンパスノートのブログ考察(9)

今日は復刻版キャンパスノートのブログ考察(8)にトラックバックをしていただいた、WINTER WONDERLANDというブログのコクヨの「キャンパスノート」という記事を紹介します。

「コトバ」を使う生き物である人間にとって必要不可欠な道具とも言えます。だからこそ、そこには様々な工夫とアイディアが投入されていますし、使い手としての思い入れも深まるというもの。
ノートに様々な工夫とアイデアが投入されているということは、あまりにも当たり前であるために普段はほとんど意識することはありません。

でもキャンパスノートを改めて見てみると、さりげないこだわりを随所に感じられます。そして、その完成された姿に感心させられます。
人によってその感心させられるポイントは異なるでしょう。それは使い方によって変わるものでしょう。

復刻版の発売を機会に、キャンパスノートを観察してみるのもいいでしょう。道具としてのノートを再認識させられると思います。

私は今まで道具としてノートを意識したことは、あまりありませんでした。ところが今回この考察を続けていくうちに、いろいろなブログに出会って、道具としてのノートという考え方を得ることができました。

ものすごく当たり前のことのようですが、意識していないのと意識しているのでは使い方が大きく変わると思います。
これから自分のノートの使い方が、どのように変化するのか楽しみです。

学生の頃に比べれば最近はノートの消費量は激減してます。でも自分の手で何かを書く、という行為は頭の中を整理する意味でもすごく大切だと思うんですよね。PCのエディタで文章書くのとは全然性質の違う何か。そう、そこには「余白」がある。
「余白」について言及しているものは初めてです。余白はノートを使う上でとても大切な要素だと思います。 余白を自分で自由に設定できる。余白の使い方はかなり研究しがいがありそうです。

これでもかというくらいに詰めて書いてもいいし、思いっきりスカスカなくらいに余白を作ってもいい。
あとで自由に書き込みができるというのは、ノートならではでしょう。

懐かしいキャンパスノートの表紙デザインを眺めながら、授業中にノートの余白に好きなバンドのロゴとか歌詞とか落書きしていたあの頃を遠い目で思い出したりしました。(僕だけじゃないっすよね??)
余白に関係ないことを書き込めるのって、意外に大事なことだと感じました。

落書きから素晴らしいアイデアが生まれる可能性があります。そんな可能性を秘めているのもノートならでは。
そんなことも考えると、さらに使い手として思い入れが深まっていきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「キャンパスノート発売30年記念 人気ブッチ斬りキャンペーン」

もうそろそろネタも尽きてきたかなぁと思い始めていたのに、コクヨがネタを振ってきました。
そのネタがこちら。波田陽区を起用して、キャンペーンをおこなっているようです。

crescent moon in western skyというブログの人気ブッチ斬りキャンペーンという記事が検索に引っかかって、このキャンペーンを知りました。

私は「AQUOS 32インチ液晶ワイドTV」がいいなぁ。
私も断然コレです。あとの二つは微妙ですよね。 ノートパソコンはすっごいうれしいけど、とってつけたような「Campus」のロゴはどうなんでしょう?ノートのデザインは素晴らしいのに、ノートパソコンのデザインは「残念!」って感じです。

それにどうして波田陽区なんだ?このキャンペーンの意図がわかりません。
若者受けはいいかもしれませんが、幅広い層に支持されている製品にしては、安直さが漂い過ぎな気がします。

せっかくデザインのよさに定評のある「Campus」ブランドなんですから、高価なものではなくてもいいと思います。
コクヨの商品で30周年記念非売品モデルみたいなものを作った方がいいような気がします。その方が記念という感じを演出できそうです。あくまで個人的な意見ですけど。

とにかくこのキャンペーン自体を、波田陽区に斬ってもらいたい気分です。とりあえず応募だけでもしてみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復刻版キャンパスノートのブログ考察(8)

昨日いよいよ復刻版のキャンパスノートが発売されているはずです。しかし文房具店に行く時間がないため、まだ購入していません。というわけで、今までどおり考察を続けます。購入は今週末になりそうです。早く現物に会いたい。

今日は”の値段blog”というブログの「復刻版キャンパスノート」の値段という記事を紹介します。

このブログは切り口が面白いです。ものの値段について書かれている記事を読むと、いろいろ考えさせられます。このブログ自体がかなりおすすめ!!一度立ち寄ってみて下さい。

最近は、ふと思いついた自分のひらめきだとか、 雑感なんかはすぐパソコンを開いて手を動かしてしまうのですが、 たまにはノートを開いて鉛筆握って…というのもいいかもなぁ。

パソコンの画面でうんうん唸っているよりは、
白紙のノートに色々書き込みながら考え事をする方が
いい案が出てくるでしょうしね。


やはりキーボードを叩くよりも、紙に書くほうがひらめくのではないかという意見は多いようですね。なぜでしょうか。
おそらく画面に向かって書くということが、頭の中では普通とはちょっと違う感覚で処理されているのではないかと思っています。
ただ物心ついた頃からパソコンに触れ、パソコンで書くということに違和感を感じない人も同じかどうかは疑問です。そういう若い人がどういう感覚なのか知りたいです。紙に書くより、キーボードを叩く方が頭が冴えると言うかも知れないですね。でもそういう人もきっといると思います。
以前の私の記事のキャンパスノートのブログ考察(3)で、ウェブプロデューサの日記というブログのキャンパスノート30周年という記事から
書くことで頭が整理され、考えを視覚化することでゴールが明確に見える。いきなり画面に向かうより、効率がよいのです。

という引用をしたように、アイデアを引き出すためにノートを活用できそうです。復刻版を購入したら、試してみたいと思っています。なにせ紙に書くほうがいい案が出るタイプなので。

あと、「自分ってこんな字を書いていたのかー」とか。
この文章を見て、これも私の以前の記事、復刻版キャンパスノートのブログ考察(2)
また「昔はこんな字を書いてたんだ」と思うことも多いです。筆跡ってあまり変わらないものかと思っていたら、そんなことないんですね。
と書いていることを思い出しました。やはり同じことを考えている人がいるものですね。 ただこれは字を書く機会が減ってそうなったのか、それとも筆跡というものが微妙に変化していくものなのか、わからないです。どうなんでしょうか?
ノートに手書きするからこそ残る想いもあるんでしょうねぇ。 パソコンの中に眠っていた5年前の日記もそれは懐かしいと思いますが、 押入れのダンボールの中の5年前のノートの感慨には絶対に勝てない。
まさにこのとおりだと思います。感慨に浸ることができるから、ノートに惹かれるのかもしれません。 これも以前の復刻版キャンパスノートのブログ考察(2)
昔のノートを見返すと「そんなこともあったな」という感じで、書いた当時のことがすぐにフラッシュバックされます。そのノートに向かっていた頃の自分と今の自分が、即座にコネクトされる感じです。この感覚はノート独特のものという感じがします。
と書いています。これを書いたあと、同じような感覚を感じるものがあるか考えてみたのですが、やはりノート独特の感覚という気がします。 ルーズリーフではノートほど強く感じません。同じような感覚を感じるものに、手帳、写真のアルバムなどがあります。これを考えると、本のように紙を綴じた形状のものというのが、ポイントの一つになるような気がします。 今はあとで見返して、少しでも役に立つノートを書けたらいいなと思っています。
一冊100円ちょっとの白紙のノートにも、 自分の人生の記録の断片を記録することができて、 白い部分が減っていき、自分の色に染まるわけです。 何年か後にはものすごい価値になっているかもしれませんね。
また名文がありました。詩的な文章が出てくるところが、キャンパスノートのブログの特徴といえます。このような文章に出会える楽しみで、この考察を続けているのだと思います。 自分色に染め上げたノートを作り上げるのが、今の私の夢です。未来の自分にものすごい価値のあるものにできれば、たとえ他人には少しも価値がないものだとしても、それでいいのです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

復刻版キャンパスノートのブログ考察(7)

今日紹介するのはフヂログというブログの懐かしのCampusノートという記事です。
キャンパスノートとは関係ありませんが、このブログのサブタイトル

このウェブログは日記ではありませんとさけぶ

私も同じ気持ちです。日記の要素だけでは、ブログは活かしているとは言えないからです。でも日記としてブログを活用するのもありだと思います。その辺の私のブログに関する考えは、またの機会にゆっくりやろうと思ってます。

さて肝心の記事ですが、とても短いのに懐かしいことを思い出させてくれました。

これがウケるようなら三菱鉛筆のBOXYとかOHTOのグリッパー蛍光ボールペンとか、小学生時代の文具ブームのなかにいた身としてもう一度見たい品物が後に続いてくれるとうれしい。

三菱鉛筆のBOXYの愛用者でした。小学校時代に、すべてをBOXYでそろえるほど、はまっていたことがあります。
本当にもう一度見てみたいと思います。復刻されないかなぁ。BOXYって、思いっきり80年代のにおいがするデザインですよね。80年代好きの私にはたまらない復刻になると思います。でもキャンパスノートと違って、ぜひ買いたいかというと、そんなことはないというのが本音です。
「もう一度見てみたい」っていうのがポイントだと思います。怖いもの見たさでしょうか。

ここで無理やり80年代つながり。webdog興味本位型情報蓄積箱というブログのバック トゥ ザ 80sという記事を読んで、激しく同意してしまいました。ちょっと感動。サーバーの契約が切れて、しばらくなくなってしまうそうなので、誠に勝手ながら全文引用させていただきます。唯一、毎日チェックしているブログ。なくなってしまうなんて残念。復活することを期待してます。

Macで作業をしているとき、いつもiTunesで80年代洋楽を聴いていて、ときおり「あ〜80年代に戻りて〜な〜」などと叫ぶ。すると嫁さんが毎回「いったいアンタの80年代に何があったんや?」と訊く。

何があったなどというものではない。
何かというのはsomethingだ。そんなものではない。80年代はeverythingなのだ。

コーラの王冠の裏にはスターウォーズがプリントされている。その空気感が欲しいのだ。彼女とBまでいったとか、マドンナの12インチ買ったとか、そういうことなのだ。

90年代に尻の座りが悪かったのは、それは僕が80年代で出来ているからだ。もしタイムマシンが発明されたら、ジュラ紀や戦国時代も見てみたいけど、真っ先に80年代に行くよ。そして多分もう戻って来ない。


たぶんキャンパスノートについて、こんなに一生懸命書いてきたのは、キャンパスノートと80年代の学生時代をともに過ごしてきたということが大きいと思っています。そうでなければ納得できません。
80年代は私にとって特別なものなのです。この記事のように、私にとってもeverythingなのです。それを言葉で説明するのは難しい。というか無理なのだと思います。
今思い返すと、80年代は独特の熱を帯びた時代でした。あの熱の中にもう一度身を置いてみたいと思うことがあります。初代、2代目のキャンパスノートを手にすれば、あの熱をもう一度感じることができるかも、と思っているのかもしれません。熱をあまり感じられない時代に、熱を欲しているんだと思います。
復刻版キャンパスノートの発売まであとわずか。次にキャンパスノートのことを書くのは、復刻版を手にした時になりそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

復刻版キャンパスノートのブログ考察(6)

キャンパスノートに関するブログですが、そろそろ新しい記事は減ってきたようです。しつこく続けてますが、私はコクヨとは一切関係ありません。キャンパスノートの宣伝ブログでもないので、誤解されないようにお願いします。書き続けることで何か見えてこないかなぁ、と思っていますが頭の中でまとまりがつかなくなっています。

まずはtakaf’s yet another my faceというブログの[diary][web] 復刻版 「キャンパスノート」から

2代目なんて、小学校のころを思い出すなぁ。「Campus」って印刷された表紙のノートを使っている上級生がお兄さんに見えて、初めて使ったときはちょっと大人になった気分がしました。
この気持ちよくわかります。ジャポニカからキャンパスノートにした時は難しいことを勉強するようになるんだ、と心を新たにしたのを思い出します。大人になった気分が、とてもうれしかったことを覚えています。

うだうだ。というブログの「キャンパスノート」30周年で復刻版発売より

A罫とB罫、あなたはどっちのを使ってましたか?

僕はB罫派でした。行の幅が小さいのが、返って僕には使いやすかったなぁと。


私は字が大きいくせに、ほとんどB罫を使ってました。罫線に収まるように書くと、読めない字になってしまうので、罫線はあくまで目安とするだけで、あまり気にせずに使うようにしていました。

Blue Mintというブログのキャンパスノートを見て、「うんうん」と納得してしまいました。

最初はA罫を使っていたけれど、中学2年くらいからは青が好きなのでB罫を使っていたのを思い出します。
そうです。私もただ単に青の方が好きだったというだけです。まぁどっちを使っても、私の場合は罫線は意味をなさないのですが。
仕事柄ほぼパソコンで処理をするので、手書きなんてメモ程度しかしない生活を最近は送っているのですが、そういえば昔はノートなんてものを使っていたなぁ・・と懐かしく思ってしまいました。
今では手書きメモすら、ほとんどしなくなってます。メモもパソコンという感じです。ちょっと書いてデスクトップに保存しておくことが多いです。だからたまに字を書くと、うまく書けない。下手な字がさらに下手になっているので、本当に落ち込みます。たまには字を書いた方がいいですね。でも何を書くんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復刻版キャンパスノートのブログ考察(5)

目指せキャンパスノートのポータルサイト。というのは冗談ですが、そんな感じになってきました。ブログの記事がまだ増えているようなので、まだ続けます。

今回紹介するのはMacBSの日常生活的日記というブログのキャンパスノート 復刻版という記事です。

私が一番馴染みがあるのは、やっぱり初代デザインですね~。 どのデザインに馴染みがあるかで、世代が分かっちゃいますね。(^^;
いろいろなブログを見ていると2代目、3代目をよく使ったという人が多いですね。キャンパスノートのブログを書いている人は、だいたい30歳前後の人が多いようです。ブログを読んだ感じでは、そう推察されるものが多いです。その人たちの学生時代が、ちょうど2代目、3代目の時期にあたるのだと思います。
学校のお値段は定価だったし、私は近所の文房具やさんで買っていったんですが、 これが大問題に発展。「学校指定」のじゃないとダメだそうで…。
今でもこういう「学校指定」というのはあるのでしょうか?すぐには思い出せませんが、指定のものってけっこうあったような気がします。 当時は子供ながら「何で指定されないといけないの?」と思いつつも従っていました。

ノートをきっかけに学生時代の思い出を語っているものが多いということが、キャンパスノートのブログの特徴と言えます。「ノート=学校」、または「ノート=勉強」というイメージが強いのでしょうか。キャンパスノートだからよけいにそのイメージが強いのではないかと感じています。

私が以前読んだ「これ、誰がデザインしたの?」でも取り上げられてました。
この紹介されている本が、ちょっと気になってしまいました。本屋に行ったら見てみようと思います。デザインについて触れているブログも多く、キャンパスノートのデザインはさまざまな人に受け入れられる素晴らしいものだということを、あらためて感じました。これを機会にいろいろなもののデザインに注目してみるのもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復刻版キャンパスノートのブログ考察(4)

ノートを使ったことがないという人は、まずいないでしょう。ノートの使い方は、その人次第で自由。だからノート観も十人十色で人それぞれ。キャンパスノート復刻のブログを読んでいると、いろいろ感じるものがあります。
だからまだまだ続けます。

今回は短い記事を紹介します。短いですけど、とても気になることが。べるちゃん aktuellというブログのコクヨのヨコクという記事です。

もっとも表紙だけが違うのであって、中身はノートだからどれでもいっしょだろうけれど。
これを読んで、「どうなんだろう?」と思ったことがあります。表紙だけが違うのだろうか。中身の罫の印刷まで忠実に再現しているのだろうか。これくらいならできそうな気がします。 一番気になっているのは紙質です。当時の紙質まで再現されるのだろうか。とても気になっています。知っている人がいたら教えてください。
実は「キャンパスノート」の最初のヤツを、私は知らないのです。

初代は私はかろうじて使ったことがあるという感じです。でもはっきり覚えています。小学校の低学年でしたが、「このノートが一番いい」と思っていたことを思い出します。

でも考えてみれば、ノートを買うのはいいけれど何に使ったらいいのだろう? 使い道をまだ全く考えていないのにノートを買うなんて、何だか本末転倒のような感じ。

私も使い道はありません。でも買います。開封もしないかもしれない。開けないで永久保存かも。
開封用と保存用の2セットを買ったりして。気がついたら発売まで1週間切ってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復刻版キャンパスノートのブログ考察(3)

果てしなく続くキャンパスノートに関する記事、飽きるまで続けます。復刻版の発売はまだですから、発売までは続くでしょう。

今日見つけたブログの記事は、ウェブプロデューサの日記というブログのキャンパスノート30周年という記事です。

「書いて整理する」「書いて覚える」という方法は 今の仕事にもとても通じ、役に立っているように思います。
これを読んで、私の場合は「書かないと覚えない」ということを思い出しました。 学生時代の私にとってノートというのは、テスト前に書きまくって覚えるための道具でした。 あとで見るためにノートを利用するということは、ほとんどありませんでした。

「書いて整理する」という行為は私もよくします。ただ私の場合は走り書きで頭の中を整理するため、その場限りのために書きます。だからあとで見ても全然わからないことが多いです。

授業中は黒板や先生の話をメモ書き、 後からのんびり「まとめ用ノート」に清書して 自分だけのノートを作っていました。
この文を読んで、きれいに清書したノートを作っている人に憧れていた、ということを思い出しました。

もっぱら私は、その清書されたノートを借りる側でした。そのため、あとで見返すことができるノートがほとんど残っていないのが残念です。
それでも大学時代のノートは何冊か残っていて、それらは「これが自分の作ったものか」と思うくらい、あとで見返すことを意識して書かれています。
講義の内容が難しく必死だったのがよく伝わってきます。そんなことが感じられるのもノートだからなのでしょうか。

書くことで頭が整理され、考えを視覚化することで ゴールが明確に見える。 いきなり画面に向かうより、効率がよいのです。
これは同感です。走り書きとか殴り書きって意外とあとで活かされていたりするので、あなどることができません。ノートをあらためて見直し、活かせるようになりたいと思いました。

PCに向かうと思考が硬直化するような気がします。なぜなのでしょうか?最近はだいぶ慣れましたが、それでも紙に向かうほうが楽です。自分だけかと思っていましたが、そうではないようですね。

ノートに最初の一文字を書く時に感じた ちょっとの緊張感とワクワク感。 それは今、真っ白な紙に向かって 新しいものを考え出す時の気持ちと繋がっているのかも。 久しぶりにキャンパスノートを開いてみたくなりました。
復刻版を買ったら、この「ちょっとの緊張感とワクワク感」をぜひ味わいたいと思います。そして新しいものを考え出すときの気持ちを大切にしていきたいです。この文はしばらく私の心の中に響いていきそうです。

いい記事に出会いました。たくさんの人に読んでもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

復刻版キャンパスノートのブログ考察(2)

ノートに関しては人によって思い入れがさまざまで、それに関するブログを見ていると面白いです。
音に関することがメインのブログですが細かいことは気にせずに、しつこくキャンパスノートのねたを続けていこうと思ってます。

今日読んだのはStadio Toshinaoというブログの嗚呼、キャンパスノート。という記事です。

ノートもいろいろ進化していますね。 今は「ノート」というとノート型パソコンのことを 言う方がかなりを締めるようになっているようです。
この文を読んで思わず「確かに」と思ってしまいました。 パソコンの使用頻度に反比例して、ノートに字を書くということが減ってしまいました。

昔のノートを見返すと「そんなこともあったな」という感じで、書いた当時のことがすぐにフラッシュバックされます。そのノートに向かっていた頃の自分と今の自分が、即座にコネクトされる感じです。この感覚はノート独特のものという感じがします。
また「昔はこんな字を書いてたんだ」と思うことも多いです。筆跡ってあまり変わらないものかと思っていたら、そんなことないんですね。

また30枚綴りとか40枚綴りとか 微妙な枚数に分かれていて、 100枚ってこの位の厚さなんだとか 納得した記憶があります。
初めて100枚綴りの存在を知ったのは、確か中学校のころだったと思います。「こんなものあるんだ!」と厚さと重さにびっくりしました。その時の衝撃は今でも覚えています。

キャンパスノートに関するブログを読んでいると、ずっと開けていなかったおもちゃ箱を開けたような感じで楽しいので、この考察しばらく続けていきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

復刻版キャンパスノートのブログ考察(1)

前の記事、復刻版キャンパスノートに続けて、キャンパスノートの誕生30年の話題を続けてしようと思います。

ほとんどの人が使ったことのあるコクヨのキャンパスノート。そんな日本で最もよく知られているノートなので、検索すると実にいろいろなブログの記事があるのがわかります。
しばらくシリーズ化して、さまざまなブログを紹介して思ったことを書き綴っていこうと思います。

ちょっと見ただけですが、ブログの内容は大体こんな感じで分類できそうです。
「懐かしむ、思い出」系
「キャンパスノートの質などの評価」系
「自分のノート使用法」系
「復刻版に対する感想」系
ほかにもありそうですが、それは見つけた時点で追加するとして、今日紹介するのは悶絶♀モンゴロイドというブログのコクヨの復刻よという記事です。

学生時代のノート使用法などについて語っています。「自分のノート使用法」系が主な内容になっています。書き出しと結びでデザインについてもコメントされています。

「大学ノート」と聞いて、真っ先に 思い浮かぶのがあのデザイン。 ロゴも含めて、基本的に変わっていない。 当時から、完成されたカタチを持っていた といえる。商業デザインの鑑。

この文章に共感を覚えました。初代から変更されているところって少ないのではないでしょうか。細かいところは進化しているところもあるとは思いますが、ほとんど変わらない。30年間ほとんど変わらないというのはすごいことです。初代の発売に関わった方の先見の明は素晴らしいものであったと言えるでしょう。

コクヨのプレスリリースはこちらから

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧